春こそおすす

●立山雪の壁(富山)

立山の黒部アルペンルートの名物といえば雪の壁。冬の雪深い山道を除雪作業することで
できあがるおよそ500mの区間は通称「雪の大谷」と呼ばれています。片側だけですが
歩行者用通路も解放されているので、毎年雪の壁目当てに多くの観光客が訪れる
人気スポットとなっています。バスよりもはるか高くに積もった雪はなんと20mに達することも。
それ以降ももちろん雪は残っていますが雪の谷ウォークが楽しめるのは4月中旬~6月中旬
くらいまで。
標高2500mの山岳地ならではの積雪量を間近に体験しましょう。

公式サイト
http://www.info-toyama.com/event/30003/

鳴門海峡

●鳴門海峡(徳島)

「世界三大潮流」のひとつでもある鳴門の渦潮ですが、春こそそのベストシーズンだということを
ご存知でしょうか?
1年で一番大きな渦潮ができる春は、約2か月間街全体で「春の渦まつり」が開催されている
賑やかな時期。「うずしお観潮船」に乗ってその迫力を間近で感じましょう。
渦潮にもまれて身がしまった魚が有名ですが、中でもこの時期は春の産卵を控えた真鯛が
おすすめ。「桜鯛」と呼ばれる春の真鯛はしっとりと脂を蓄えたおいしさが。グルメも一緒に
堪能したいですね。

公式サイト
https://www.awanavi.jp/ohshio.html