やっぱり温泉

銀山温泉

●銀山温泉(山形)

その名の通り、江戸時代には大銀山として栄えた銀山。
昔大ヒットしたNHKドラマ「おしん」の舞台になったことからもわかる
ように、その風景は大正時代にタイムスリップしたかのようなたたずまい。
木造の3~4階建の旅館が並ぶ銀山温泉街は、日が暮れるとガス灯が
ともり、ノスタルジックな光景がいっそう強調されます。このステキな
温泉街は「銀山温泉家並保存条例」によって保護されています。
各地からバスツアーが出ていますが、温泉街は車で入れないため、手前の
駐車場あたりに降ろされるはず。できれば泊りがけで昼も夜もゆっくり
することをおすすめします。

公式サイト
http://www.ginzanonsen.jp/

●地獄谷温泉(長野)

世界中のテレビや雑誌、インターネットで紹介されて有名人になっている
のが「地獄谷野猿公苑」のサル。世界で唯一温泉に入ることで人気なのです。
志賀高原に位置するこの場所は、もともとニホンザルの生態を間近で観察
できるように開園しましたが、最低気温が-10℃を下回るほどの極寒の
地域にあるので、人間の真似をしたサルも温泉につかるようになりました。
衛生面を考慮して、サルが入っているのは「専用露天風呂」なので
残念ながら肩を並べて一緒に入ることはできません。

公式サイト
http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/